ジェルネイルを上手にやるコツ

ジェルネイル初心者は、セルフジェルネイルに対し特に不安になりがち!
初心者だけでなく、経験者でも失敗したりトラブルになってしまうこともあります。
でも、そんなに気構えなくともいいのです。
ジェルネイルを失敗せず、上手にやるにはコツさえ掴めば簡単にできちゃいます。

ジェルネイルのコツ

*ベースをしっかりやる
ジェルネイルをする上で、ベースジェルをすることです。
トップジェルだけで良いと考えている方も多いですが、それでは綺麗なジェルネイルはできません。
仮にもし見た目が綺麗にできたとしても、すぐに欠けてしまったり剥がれやすくなってしまうんです。

甘皮処理をする

ネイルサロンへ行くとプロのネイリストさんが甘皮処理をしてくれますよね。
実はその甘皮処理、とても大事なことなんです。
セルフジェルネイルをしている方の中には初心者や経験者問わず甘皮処理をしない方もいます。
理由は「やり方がわからない」「甘皮処理をする必要性がわからない」「面倒」…など。
ですが甘皮処理をすることで、ジェルネイルの完成に差が出てくるんです。
甘皮処理をせずにジェルネイルの施術をするなんて勿体ないですよ!

サンディングをする

軽く爪の表面を傷(削る)とジェルが定着しやすくなるので、ジェルがあまり上手に定着しない・塗れないという方はこの工程を忘れている、または上手くできていないという場合もあります。
削った後は爪の削りカスをちゃんと取り除きましょう。

ネイル用のクレンザー等でふき取る

爪の水分や油分、汚れ等を取り除く(除去する)ことで失敗も少なくなりやすいです。
コットンは繊維が残りやすいのであまりオススメしません。

筆は爪と平行に

初心者は筆やブラシを垂直にしてジェルを塗るという方も多いです。
”絵”や”書道”等だと筆は立てて使用しますが、ジェルネイルは筆を倒した状態、つまり筆を平行にして使用します。
この方がムラも出にくいんです。

焦らない

焦ってジェルを塗ると爪からはみ出してしまったり、置きたいところにストーン等が置けなかったり、ムラが出てしまうこともありますね。
なので焦らず落ち着いて塗りましょう。

二度塗り

ジェルを塗ってLEDライトで硬化させた後、「あれ?なんだか思っていたよりも色が薄い。発色がイマイチ…」なんて話を聞いたことがあります。
これはジェルを二度塗りすることにより大体が解決されます。
「あれ?思った色と違う」と思ったらまず、二度塗りを試してみてください。

お祝い事、結婚式を挙げる際などにセルフジェルネイルでオリジナリティー溢れるお洒落なジェルネイルを披露するのもいいですね!